休日と定められている日時に仕事をした経験がある方はいませんか?
いわゆる休日出勤と呼ばれるものですが、実のところこうした働き方をした場合残業と同様に割り増し賃金が支払われることもあるのです。
今回は休日出勤と残業代の関係について詳しく見ていきましょう。
残業というのは就業規則及び労働基準法に規定された労働時間を超えて働いた場合に支払われる賃金のことを指します。
1日に8時間もしくは週40時間以上労働した場合は、超過した時間の分だけ、普段よりも1,25倍多くの割り増し賃金を手にすることが出来るのです。
休日出勤にも似たような制度があります。
また残業代請求の手続きをする際には、休日出勤の手当ても同時に求めることもありますから、こちらの計算方法も覚えておきましょう。
労働基準法によると、労働者は最低でも週に1度の休日が与えられなくてはいけないことになっています。
ただし、週に1度でなくても、4週間のうちに4日の休日があれば上記の条件は満たされていることになるので注意してください。
さて、休日出勤と呼ばれる中でも、週に1度の休日と定められている日に出勤させられた場合と、そうではない日に出勤した場合は賃金に差が出てしまうことをご存知でしょうか?
前者の場合を法定休日労働といって、働いた分の賃金が1,35倍に割り増しされるように定められているのです。
どの曜日が週に一度の休日、いわゆる法定休日に当たるかは就業規則に則ります。
ただし、週休2日制を採用している会社で、土日を休日に当てている場合は、土曜と日曜のどちらかが法定休日になるのです。
では、こういったケースで休日出勤した場合の賃金について見ていきましょう。
土日のどちらかが法定休日ということですが、両日とも出勤した場合は日曜日が法定休日として処理され、割増賃金を受け取ります。
この場合、土曜日は法定外休日となり、休日出勤特有の割り増しを受け取ることは出来ません。
では、土曜日だけ出勤した人は割り増しの賃金をもらえないのかというとそうではありません。
休日とされている日のどちらかしか休日出勤しなかったケースでは、出勤した日が法定休日となり、法定休日出勤に見合った割増賃金を得られるのです。
残業代を未払いのまま済ませている会社の場合、休日出勤の手当てに関しても無頓着になっている可能性を否定出来ません。
会社に対して交渉や訴訟を考えているという人は、この機会に休日出勤の手当てに関してもきちんと賃金が支払われているか確認しておくと良いでしょう。
残業や休日出勤に関する規定をときどき確認しながら、労働に見合った対価を得られているか確認するのも労働者としての務めといえます。

  • Posted on 21. 2月 2018
  • Written by author
  • Categories: 未分類
Leave a comment

There are no comments yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA