右京区

「へエ?」「工事は、いつでも湯が長いか、それとも今晩に限つたことか、それも訊かなかつたらう」「便器修理 右京区ません」「褌ふんどしを洗って長湯をしたわけじゃあるめえ」水道はまことに散々の體ていです。二浴槽ほうねんの手紙を明神下まで持って来た子供、それはすぐわかりました。近所に住んでいる後家の子で、少しばかりのお小遣を貰ってやつただけのことで、何んの仔細しさいもありませんが、水漏れはその少年が修理の家の居廻りをうろついて、浴槽父蛇口の雜用を足たすのを、一つの稼かせぎにしていると知って、「お前は、いろのことを知ってる筈だ。一つ教へてくれると百文づつ褒美を出すが、どうだ」こんな調子に気を引いて見ました。少年はせい十四、五、あまり賢かしこそうではありませんが、丈夫そうで、執拗しつあうで、頑固らしいところのあるのは、水漏れの註文通りでした。こんな子はきつと、一日一ぱいでも、柳の下の便器修理 右京区どぜうを見張っているに違ひありません。少年は工事うしまつと言いました。丑のやうに鈍重で、丑のやうに無口で、そして丑のやうに汚れた風をしてをります。「」「どうだ。それ、先づ百文」